MENU

ダイエットで失敗すると起こる問題

恐らく大半の方がご存知ないかと思いますが、ダイエットには怖い部分も潜んでいます。
誰でも気軽にできるのがダイエットですが、その成功率は非常に低いことはあなた自身や周りの経験から明らかでしょう。
だからこそ、世の中には溢れるほどのダイエットの方法やグッズがあるのです。

 

まず間違ったダイエット法についての認識を深めていきます。

 

 

極度の食事制限は危険!

数日なら体に良い断食も長期間続けるのは危険です。
または食事の量が極端に少ないというのも、必要な栄養素の摂取までできなくなってしまうため危険です。
リバウンドしやすいのもこのダイエット法の特徴です。

 

ひとつだけを食べ続けるダイエット

これまで単品ダイエットは度々大流行してきましたが、こちらも栄養の偏りがあるのでオススメできませんし、リバウンドにも繋がります。

 

薬を使ったダイエット

食べてもすぐ外に出せば問題ないでしょ・・・?と下剤を乱用するのは絶対に止めてください。
こうした歪んだ考えは後に紹介する病気になる可能性が非常に高いです。

 

では次に、上記の間違ったダイエット法が引き起こしてしまう健康面の問題を取り上げてみましょう。

 

まず怖いのが骨粗しょう症です。
マグネシウムやビタミンDの摂取が長く不足し続けていると、骨粗しょう症になってしまう恐れがあります。
高齢の方だけではなく、無理なダイエットに励んでしまったために10代の育ち盛りな年齢でも可能性があるから怖い病気なのです。

 

次に、精神的な負担も非常に大きくなるのが摂食障害です。
食事を極端に制限すると、人は猛烈な餓えを覚えます。
すると次第に食欲をコントロールする機能が壊れてしまい、拒食を過食を繰り返す摂食障害になってしまう可能性があるのです。
この病気は人によっては、十何年も続くほど悪化することもありますので、特に若い方には気をつけてほしいです。

 

そのほかには、生理が止まってしまったり、体のだるさで動けなくなったり、卵巣の機能が衰えたりと、極度の食事制限は体と心をこんなにも苦しめてしまっていることをどうか忘れないでください。